減俸続々の巨人で菅野は別世界 賞金だけで1000万円超え

公開日:

 セ・リーグの「2017年度プロ野球最優秀バッテリー賞」を受賞した巨人の菅野智之(28)と小林誠司(28)が14日、都内のホテルで行われた表彰式に出席した。

 今季の菅野は17勝5敗、防御率1.59で、最多勝、最優秀防御率、沢村賞などを受賞。3月のWBCでもコンビを組んだ菅野が「誠司とバッテリー賞を取るのがひとつの目標だったのでうれしい」と言えば、小林も「智之は自分にとってもチームにとっても心強い存在」と白い歯を見せた。

 賞金は100万円。副賞で乾電池320本などが贈られることになり、「想像がつかない。発電所でもつくります」と菅野は笑った。

 チームが4位に沈む中、菅野だけは連日の表彰式ラッシュ。来季の年俸は2億2000万円アップの4億5000万円になることは決定済みで「家のローンを払いたいですね」と笑っていたが、この男、稼いだ賞金額だけでも凄い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る