• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

減俸続々の巨人で菅野は別世界 賞金だけで1000万円超え

 セ・リーグの「2017年度プロ野球最優秀バッテリー賞」を受賞した巨人の菅野智之(28)と小林誠司(28)が14日、都内のホテルで行われた表彰式に出席した。

 今季の菅野は17勝5敗、防御率1.59で、最多勝、最優秀防御率、沢村賞などを受賞。3月のWBCでもコンビを組んだ菅野が「誠司とバッテリー賞を取るのがひとつの目標だったのでうれしい」と言えば、小林も「智之は自分にとってもチームにとっても心強い存在」と白い歯を見せた。

 賞金は100万円。副賞で乾電池320本などが贈られることになり、「想像がつかない。発電所でもつくります」と菅野は笑った。

 チームが4位に沈む中、菅野だけは連日の表彰式ラッシュ。来季の年俸は2億2000万円アップの4億5000万円になることは決定済みで「家のローンを払いたいですね」と笑っていたが、この男、稼いだ賞金額だけでも凄い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事