減俸続々の巨人で菅野は別世界 賞金だけで1000万円超え

公開日:

 セ・リーグの「2017年度プロ野球最優秀バッテリー賞」を受賞した巨人の菅野智之(28)と小林誠司(28)が14日、都内のホテルで行われた表彰式に出席した。

 今季の菅野は17勝5敗、防御率1.59で、最多勝、最優秀防御率、沢村賞などを受賞。3月のWBCでもコンビを組んだ菅野が「誠司とバッテリー賞を取るのがひとつの目標だったのでうれしい」と言えば、小林も「智之は自分にとってもチームにとっても心強い存在」と白い歯を見せた。

 賞金は100万円。副賞で乾電池320本などが贈られることになり、「想像がつかない。発電所でもつくります」と菅野は笑った。

 チームが4位に沈む中、菅野だけは連日の表彰式ラッシュ。来季の年俸は2億2000万円アップの4億5000万円になることは決定済みで「家のローンを払いたいですね」と笑っていたが、この男、稼いだ賞金額だけでも凄い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る