• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好成績復帰で再脚光 ウッズが不況続くゴルフ界の命運握る

 タイガー・イズ・バック。

 米ゴルフ界では今、タイガー・ウッズが今度こそ完全復活か、と話題になっている。

 ウッズがホストを務める「ヒーロー・ワールドチャレンジ」(11月30日~12月3日)で約9カ月ぶりに競技復帰。世界のトップランカー18人だけの試合で、通算8アンダー・9位タイフィニッシュの好成績だったからだ。試合では300ヤードを軽々超える全盛期並みのビッグドライブを見せ、本人も「痛みは全くなくプレーできた」と満足の様子だった。

 米メディアは、「これで試合勘を取り戻せば、来年は1、2勝は軽くできる」「チップショットのイップスはまだ治っていないし、まだまだ復活といえるか分からない」と賛否両論だ。

 これまでも長期離脱を何度も繰り返しているだけに、完全復活といわれても額面通りには受け取れないというファンが多いのも事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る