女子プロ協会が要求 「放映権料」に喘ぐゴルフ界の惨状

公開日:

「来季女子ツアーの日程は確か来週12日発表の予定だけど、例の問題でまだかなりもめているようですね」(ツアー関係者)

 例の問題、とは放映権料のことだ。

 女子プロ協会は9月になって突然、各大会主催者に放映権料を支払ってほしいという文書を送り、事前の根回しもなく請求された主催者の間で女子プロ協会への不信感が広まったのだ。

「主催者は、女子プロ人気が低かった時からずっとツアーを支えてきたというプライドがある。視聴率が悪くても、赤字覚悟で放送していたテレビ局もあるくらいです。それがいきなり、これまで必要のなかった放映権料をよこせと言われて、困惑どころか反発する主催者が多いのです」(前出のツアー関係者)

 ゴルフ中継にはカメラマンや中継スタッフら多くの人手を必要とし、中継車も出さないといけない。数千万円の経費がかかるといわれ、「それを回収するには最低でも5%の視聴率がなければ厳しい」(テレビ関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る