女子プロ協会が要求 「放映権料」に喘ぐゴルフ界の惨状

公開日:

「来季女子ツアーの日程は確か来週12日発表の予定だけど、例の問題でまだかなりもめているようですね」(ツアー関係者)

 例の問題、とは放映権料のことだ。

 女子プロ協会は9月になって突然、各大会主催者に放映権料を支払ってほしいという文書を送り、事前の根回しもなく請求された主催者の間で女子プロ協会への不信感が広まったのだ。

「主催者は、女子プロ人気が低かった時からずっとツアーを支えてきたというプライドがある。視聴率が悪くても、赤字覚悟で放送していたテレビ局もあるくらいです。それがいきなり、これまで必要のなかった放映権料をよこせと言われて、困惑どころか反発する主催者が多いのです」(前出のツアー関係者)

 ゴルフ中継にはカメラマンや中継スタッフら多くの人手を必要とし、中継車も出さないといけない。数千万円の経費がかかるといわれ、「それを回収するには最低でも5%の視聴率がなければ厳しい」(テレビ関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る