• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子プロ協会が要求 「放映権料」に喘ぐゴルフ界の惨状

「来季女子ツアーの日程は確か来週12日発表の予定だけど、例の問題でまだかなりもめているようですね」(ツアー関係者)

 例の問題、とは放映権料のことだ。

 女子プロ協会は9月になって突然、各大会主催者に放映権料を支払ってほしいという文書を送り、事前の根回しもなく請求された主催者の間で女子プロ協会への不信感が広まったのだ。

「主催者は、女子プロ人気が低かった時からずっとツアーを支えてきたというプライドがある。視聴率が悪くても、赤字覚悟で放送していたテレビ局もあるくらいです。それがいきなり、これまで必要のなかった放映権料をよこせと言われて、困惑どころか反発する主催者が多いのです」(前出のツアー関係者)

 ゴルフ中継にはカメラマンや中継スタッフら多くの人手を必要とし、中継車も出さないといけない。数千万円の経費がかかるといわれ、「それを回収するには最低でも5%の視聴率がなければ厳しい」(テレビ関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る