3位以内に望みも 宮里優作マスターズ出場をタイ人が阻む

公開日: 更新日:

【インドネシアマスターズ 2日目】

 日本ツアーで初の賞金王に輝いた宮里優作(37)の世界ランク(WR)は58位。年末時点で50位以内に入れば、来年のマスターズに出場できる。

 そのためには、今大会で3位以内が条件といわれているのだが、雷雨中断でサスペンデッドの2日目、暫定通算9アンダーの6位タイ。暫定首位は通算14アンダーでWR6位のJ・ローズ(37=英国)。

 宮里の優勝は厳しいものの、ビッグスコアが出るコースだけに、「3位以内」なら望みはあるかもしれない。

 宮里にとっては、2人のライバルが不調なのも「追い風」だ。初日イーブンパーの77位でWR51位のB・スネデカー(37=米国)は2日目に途中棄権。

 欧州・アジア・南アフリカの3ツアー共催で行われた2週間前の「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」でツアー通算2勝目を挙げたWR55位のD・フリッテリ(27=南ア)は通算1アンダーの65位(暫定)と低迷している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る