金本監督を支えられるのか 阪神新フロントに“内紛”の火種

公開日:

 12月1日付でフロントが大幅に刷新された阪神。新社長には甲子園球場長などを歴任した揚塩健治氏(57=阪神電鉄取締役、阪神不動産社長)、副社長には前常務の谷本修氏(53)が編成トップの球団本部長を兼務する形で就任した。

 FA権を行使した大和については事実上、谷本本部長が窓口を担い、結果的にDeNAへ流出することになったが、来季の4番候補として新助っ人のロサリオ(28=内野手)を2年総額8億5000万円(推定)という新外国人選手としては球団史上最高額で獲得した。05年以来のリーグ優勝に向け、新フロントのバックアップ体制は必要不可欠だ。

「2人とも業務についてはまだ手探りの状態だろうが、今後は自分自身のカラーを出したいと思っているはず。優勝に向けて強固なタッグを組めれば問題ないが……」

 とは、さる阪神OB。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る