金本監督を支えられるのか 阪神新フロントに“内紛”の火種

公開日:

 12月1日付でフロントが大幅に刷新された阪神。新社長には甲子園球場長などを歴任した揚塩健治氏(57=阪神電鉄取締役、阪神不動産社長)、副社長には前常務の谷本修氏(53)が編成トップの球団本部長を兼務する形で就任した。

 FA権を行使した大和については事実上、谷本本部長が窓口を担い、結果的にDeNAへ流出することになったが、来季の4番候補として新助っ人のロサリオ(28=内野手)を2年総額8億5000万円(推定)という新外国人選手としては球団史上最高額で獲得した。05年以来のリーグ優勝に向け、新フロントのバックアップ体制は必要不可欠だ。

「2人とも業務についてはまだ手探りの状態だろうが、今後は自分自身のカラーを出したいと思っているはず。優勝に向けて強固なタッグを組めれば問題ないが……」

 とは、さる阪神OB。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る