評議員を激怒させた 貴乃花親方の変節と裏金顧問との関係

公開日:

「貴乃花親方(45)は理事会直前になって態度を変えた。やるべきことはやっていると自分の正当性をアピールしたつもりでしょうけど、それならなぜ、これまでやるべきことをやらなかったのか、自ら職務放棄を認めたようなものだと、評議員たちはアキレると同時に激怒しています」

 こう言うのはある親方だ。

 貴乃花親方は理事会前日の19日夜、協会に弟子の貴ノ岩(27)ともども、聴取に応じる姿勢を示したばかりか、これまで親方でひとり拒んでいた誓約書も提出。理事会当日は自分は巡業部長としての務めを果たしている、批判されるいわれはないなどと言い訳する文書まで出席者に配布した。

 協会に刃を向け続ける貴乃花親方に対し、執行部の怒りや不満は募る一方。理事解任どころか部屋の閉鎖を示唆する声もあっただけに、大慌てで弁明、保身を図ったつもりだろうが、そうやって態度を急変させたことが受け入れられるどころか、むしろ評議員たちの逆鱗に触れたというのだ。前出の親方の話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る