• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

理事会で配布 貴乃花親方“自己弁護文書”のお粗末な中身

 貴乃花親方(45)が20日の理事会で出席者に配布した文書の中身が明らかになってきた。

 十数ページに及ぶその文書は、出席者が15分ほど黙読した後、回収されたという。

「文書はおそらく弁護士が作ったものでしょう。貴ノ岩はこう言っているという箇所がやたらと多く、執行部や危機管理委員会が発した言葉尻をとらえ、イチャモンをつけるような内容だったと聞いています」と、ある親方がこう続ける。

「要するに自分は巡業部長としての責任を果たしている、だから批判されるいわれはないという趣旨。どうやら鳥取県警から協会に連絡が入った時点で、自分は責任を果たしたという理屈のようです。執行部や危機管理委員会に報告義務があるとすれば、加害者の日馬富士であり、監督責任のある伊勢ケ浜親方だという言い分でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事