トレード打診もガード 日ハムに守られる斎藤佑樹の不思議

公開日: 更新日:

 日本ハム斎藤佑樹(29)は今季6試合で1勝3敗、防御率6.75に終わった。プロ3年目の2013年オフから5年連続でダウンを続けた年俸は1830万円。一軍最低の1430万円に近づいてきた。「他球団とのトレードのウワサが絶えませんでしたね」と、さる球界関係者がこう明かす。

「まずは巨人野球賭博関与の失格処分明けの高木京介(28)と斎藤というウワサが出た。日ハムの栗山監督が初登板から139試合無敗記録を継続している高木京を高く評価していたからで、日ハムが斎藤は出さないと成立しませんでしたが」

 ドラフト1位で入団する早実の清宮幸太郎(18)は後輩でもある。ジリ貧とはいえ、斎藤もかつては“ハンカチ王子”と呼ばれ、チヤホヤされた。某球団の編成担当者がこう明かす。

「実はトレードで本気で狙っていたのはヤクルトです。一軍で実績のある左腕を交換要員にして斎藤を取ろうとしたが、日ハムに断られたそうです。事実上の構想外でも、斎藤はなぜか球団に守られている。何かサイドレターでもあるのか? といぶかる球団は多い。ただ、来年の30歳を合図に、日ハムが叩き売りを始めるという情報があります」

 ヤクルトは10年ドラフトで4球団競合となった斎藤の抽選を外した小川淳司監督(60)が復帰。今年までは守ってもらえたが、バーゲンが始まれば、移籍の可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る