トレード打診もガード 日ハムに守られる斎藤佑樹の不思議

公開日:  更新日:

 日本ハムの斎藤佑樹(29)は今季6試合で1勝3敗、防御率6.75に終わった。プロ3年目の2013年オフから5年連続でダウンを続けた年俸は1830万円。一軍最低の1430万円に近づいてきた。「他球団とのトレードのウワサが絶えませんでしたね」と、さる球界関係者がこう明かす。

「まずは巨人。野球賭博関与の失格処分明けの高木京介(28)と斎藤というウワサが出た。日ハムの栗山監督が初登板から139試合無敗記録を継続している高木京を高く評価していたからで、日ハムが斎藤は出さないと成立しませんでしたが」

 ドラフト1位で入団する早実の清宮幸太郎(18)は後輩でもある。ジリ貧とはいえ、斎藤もかつては“ハンカチ王子”と呼ばれ、チヤホヤされた。某球団の編成担当者がこう明かす。

「実はトレードで本気で狙っていたのはヤクルトです。一軍で実績のある左腕を交換要員にして斎藤を取ろうとしたが、日ハムに断られたそうです。事実上の構想外でも、斎藤はなぜか球団に守られている。何かサイドレターでもあるのか? といぶかる球団は多い。ただ、来年の30歳を合図に、日ハムが叩き売りを始めるという情報があります」

 ヤクルトは10年ドラフトで4球団競合となった斎藤の抽選を外した小川淳司監督(60)が復帰。今年までは守ってもらえたが、バーゲンが始まれば、移籍の可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る