“同志”とのつながり維持でも 貴乃花一派はもう風前の灯火

公開日:

 貴乃花親方(45)は2016年3月、前回の理事長選に出馬した際に「立候補は同志たちの協力があってのこと」と言った。ついでながら「これが最初で最後の勝負」とも話した。

 それから2年後、日馬富士暴行事件での対応を問題視されて理事職を解かれた現在も、「同志たちの協力」は続いているという。

 貴乃花親方の言う「同志たち」とは元顧問の小林慶彦氏、前外部理事の宗像紀夫氏(弁護士)、現監事の神山敏夫氏(公認会計士、税理士)らのこと。ちなみに小林氏はかつて、パチンコ業者との契約に際して代理店関係者から裏金を受け取った、俗にいわれる「裏金顧問」。昨年12月に協会から1億6500万円の損害賠償請求訴訟を提起された人物だ。ある親方がこう言う。

「北の湖理事長が急逝して以来、貴乃花親方を担いでいるのは元顧問の小林さんです。貴乃花親方を理事長にして、北の湖理事長時代のように協会の事務方を仕切りたいのでしょう。貴乃花親方と元顧問を宗像さんと神山さんが援護するのが以前からの図式なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る