“同志”とのつながり維持でも 貴乃花一派はもう風前の灯火

公開日:

 貴乃花親方(45)は2016年3月、前回の理事長選に出馬した際に「立候補は同志たちの協力があってのこと」と言った。ついでながら「これが最初で最後の勝負」とも話した。

 それから2年後、日馬富士暴行事件での対応を問題視されて理事職を解かれた現在も、「同志たちの協力」は続いているという。

 貴乃花親方の言う「同志たち」とは元顧問の小林慶彦氏、前外部理事の宗像紀夫氏(弁護士)、現監事の神山敏夫氏(公認会計士、税理士)らのこと。ちなみに小林氏はかつて、パチンコ業者との契約に際して代理店関係者から裏金を受け取った、俗にいわれる「裏金顧問」。昨年12月に協会から1億6500万円の損害賠償請求訴訟を提起された人物だ。ある親方がこう言う。

「北の湖理事長が急逝して以来、貴乃花親方を担いでいるのは元顧問の小林さんです。貴乃花親方を理事長にして、北の湖理事長時代のように協会の事務方を仕切りたいのでしょう。貴乃花親方と元顧問を宗像さんと神山さんが援護するのが以前からの図式なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る