身内も激怒 貴乃花親方が“功労者”親方に廃業迫った裏事情

公開日:  更新日:

 リスク管理の表れか、それとも……。

 6日付の「スポーツ報知」によると、貴乃花親方(45)はさる4日、自身の部屋付きである音羽山親方(44=元前頭光法)に「廃業するように」と迫ったという。

 ことのきっかけは、貴乃花一門の阿武松部屋に所属する小野川親方(元前頭大道)が、小野川株の所有者から「返却してくれ」と要請があったこと。小野川親方にとって、現在の名跡は借株。返却しても新たな株を取得できない場合は、廃業になってしまう。そこで一門の総帥である貴乃花親方を頼ったのだろう。

 頼られた貴乃花親方が、白羽の矢を立てたのが音羽山株だ。現在は貴乃花親方、あるいは2015年に急死した先代音羽山である貴ノ浪の遺族が持っているという。いずれにせよ、スポーツ報知が報じたように、音羽山株は貴乃花親方にとって「自身が権利を動かせる」名跡。音羽山親方から株を取り上げて廃業危機の小野川親方に与え、救済しようというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る