日本ランク1位2位が予選落ち 男子ツアーへの悪影響懸念も

公開日: 更新日:

【ソニーオープン】

 今大会には日本から5選手が出場したが、昨季賞金王の宮里優作(37)と、ランク2位の小平智(28)がそろって予選落ちだった。

「セカンドが全部引っかかって、とんでもないところに飛んで行った」(宮里)

「昨秋にドライバーヘッドが割れてから、(自分に)合うクラブが見つからない。ちょっと悩み始めている」(小平)

 予選カットは通算2アンダーまでの76選手。宮里は同5オーバー134位、小平は同10オーバー143位。日本ツアーの実力トップ2が、米ツアーではまったく歯が立たずにボロボロだったことがわかる。

 米ツアー事情に詳しいゴルフライター・吉川英三郎氏が「準備ができていなかった」とこう指摘する。

「米ツアーでは外していいラフ、悪いラフがある。ラフからはフライヤーがかかって飛びすぎるが、花道を利用できれば転がしてグリーンに乗せることができる。もちろんフェアウエーをとらえても、ピンから逆算してベストポジションなのか、ピンを狙いにくいポジションに分かれる。ピン位置は毎日違うので攻略ルートは日々変わり、4日分を事前に緻密に調べておかなければいけない。データを見ると宮里と小平はフェアウエーキープ率はいいのにパーオン率が悪かった。コース設定に対応できていないのがわかる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る