日本ランク1位2位が予選落ち 男子ツアーへの悪影響懸念も

公開日: 更新日:

【ソニーオープン】

 今大会には日本から5選手が出場したが、昨季賞金王の宮里優作(37)と、ランク2位の小平智(28)がそろって予選落ちだった。

「セカンドが全部引っかかって、とんでもないところに飛んで行った」(宮里)

「昨秋にドライバーヘッドが割れてから、(自分に)合うクラブが見つからない。ちょっと悩み始めている」(小平)

 予選カットは通算2アンダーまでの76選手。宮里は同5オーバー134位、小平は同10オーバー143位。日本ツアーの実力トップ2が、米ツアーではまったく歯が立たずにボロボロだったことがわかる。

 米ツアー事情に詳しいゴルフライター・吉川英三郎氏が「準備ができていなかった」とこう指摘する。

「米ツアーでは外していいラフ、悪いラフがある。ラフからはフライヤーがかかって飛びすぎるが、花道を利用できれば転がしてグリーンに乗せることができる。もちろんフェアウエーをとらえても、ピンから逆算してベストポジションなのか、ピンを狙いにくいポジションに分かれる。ピン位置は毎日違うので攻略ルートは日々変わり、4日分を事前に緻密に調べておかなければいけない。データを見ると宮里と小平はフェアウエーキープ率はいいのにパーオン率が悪かった。コース設定に対応できていないのがわかる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る