マスターズ出場へ茨の道 小平智は“新婚気分”で初戦大苦戦

公開日: 更新日:

【ソニーオープン】

 3月25日時点の世界ランク(WR)50位内入りで、初のマスターズ出場を目指す小平智(28)。

 初日は4バーディー、7ボギー、1ダブルボギーの大荒れゴルフで5オーバー142位。2018年の初っぱなから苦戦を強いられた。

「ドライバーが曲がりスコアにならなかった。フェアウエーにボールがないと難しい。グリーン上では2、3メートルのパットが入らずに流れがつかめなかった」(小平)

 FWキープ率57.14%(ランク41位)、ドライバー飛距離299.8ヤード(同93位)、パーオン率66.67%(74位)と、昨季の日本ツアー賞金ランク2位の小平も見せ場はゼロだった。

「昨年暮れにエントリーしたインドネシア・マスターズを直前になって欠場したのが痛かった。すでにマスターズの出場圏内につけており、そこでWR50位内を決めていれば慌てる必要もなかった。誰に言い含められたのか、欠場してもマスターズは大丈夫と高をくくって宮里優作に順位をひっくり返されて、その時点でのマスターズ出場も逃した。これからWRを上げるポイントを海外で稼ぐことになるが、この日のプレーを見る限り世界の強豪相手にランクを上げるのはどう見ても難しいでしょう」(ゴルフ記者)

 昨年暮れに結婚式を挙げた夫人(古閑美保)と一緒にハワイ入り。ハネムーン気分ではプレーにも熱が入らないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る