マスターズ出場へ茨の道 小平智は“新婚気分”で初戦大苦戦

公開日:

【ソニーオープン】

 3月25日時点の世界ランク(WR)50位内入りで、初のマスターズ出場を目指す小平智(28)。

 初日は4バーディー、7ボギー、1ダブルボギーの大荒れゴルフで5オーバー142位。2018年の初っぱなから苦戦を強いられた。

「ドライバーが曲がりスコアにならなかった。フェアウエーにボールがないと難しい。グリーン上では2、3メートルのパットが入らずに流れがつかめなかった」(小平)

 FWキープ率57.14%(ランク41位)、ドライバー飛距離299.8ヤード(同93位)、パーオン率66.67%(74位)と、昨季の日本ツアー賞金ランク2位の小平も見せ場はゼロだった。

「昨年暮れにエントリーしたインドネシア・マスターズを直前になって欠場したのが痛かった。すでにマスターズの出場圏内につけており、そこでWR50位内を決めていれば慌てる必要もなかった。誰に言い含められたのか、欠場してもマスターズは大丈夫と高をくくって宮里優作に順位をひっくり返されて、その時点でのマスターズ出場も逃した。これからWRを上げるポイントを海外で稼ぐことになるが、この日のプレーを見る限り世界の強豪相手にランクを上げるのはどう見ても難しいでしょう」(ゴルフ記者)

 昨年暮れに結婚式を挙げた夫人(古閑美保)と一緒にハワイ入り。ハネムーン気分ではプレーにも熱が入らないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る