斉藤拳汰は氷山の一角 スコア改ざん問題の根底にあるもの

公開日: 更新日:

 今年10月13日の下部ツアー「太平洋クラブチャレンジトーナメント」で、斉藤拳汰プロ(20)が消しゴムでスコアを改ざんしたことが発覚。10年間のツアー出場停止という厳しい処分が日本ゴルフツアー機構から下された。

 斉藤プロは小学生の時からアマ大会で活躍するなど、ゴルフ歴が長い。スコア改ざんがいかに重大な違反であるか、もちろん知っているはずだ。

「日本のゴルフはスコア至上主義だから起きた」と評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

「ゴルフはあるがままに、ルールにのっとり行われるという精神が日本には定着していない。今回の斉藤プロがそうだったかは別にして、ジュニア時代から好スコアを出せと親から厳しく言われる。いいスコアを出してプロになれば金儲けができる。だからジュニアが試合で悪い成績だと、親はクラブハウスで怒鳴ったり、中にはクラブで殴ることがあると聞きます。親が怖くてスコア改ざんが常習化しているジュニアは少なくないはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る