• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

斉藤拳汰は氷山の一角 スコア改ざん問題の根底にあるもの

 今年10月13日の下部ツアー「太平洋クラブチャレンジトーナメント」で、斉藤拳汰プロ(20)が消しゴムでスコアを改ざんしたことが発覚。10年間のツアー出場停止という厳しい処分が日本ゴルフツアー機構から下された。

 斉藤プロは小学生の時からアマ大会で活躍するなど、ゴルフ歴が長い。スコア改ざんがいかに重大な違反であるか、もちろん知っているはずだ。

「日本のゴルフはスコア至上主義だから起きた」と評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

「ゴルフはあるがままに、ルールにのっとり行われるという精神が日本には定着していない。今回の斉藤プロがそうだったかは別にして、ジュニア時代から好スコアを出せと親から厳しく言われる。いいスコアを出してプロになれば金儲けができる。だからジュニアが試合で悪い成績だと、親はクラブハウスで怒鳴ったり、中にはクラブで殴ることがあると聞きます。親が怖くてスコア改ざんが常習化しているジュニアは少なくないはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る