鶴竜が貴景勝を一蹴 貴乃花親方vs白鵬の“代理戦争”が勃発

公開日: 更新日:

 横綱の、そしてモンゴル人力士の意地をここぞとばかりに見せつけた。

 初日から2連勝と上々の滑り出しを見せている横綱鶴竜(32)。1月場所2日目の15日は新三役の貴景勝(21)と対戦し、文字通り一蹴した。

 175センチと自身より10センチ以上低い相手に対し、鶴竜も低い立ち合いから強烈なぶちかまし。両者の頭が激突するや、鶴竜は顔面を紅潮させ、強烈な突き、押しを繰り出した。猛攻で上体を起こされた貴景勝は苦し紛れのはたきを見せるも、鶴竜は意に介さず。流れのまま、一気に押し出した。

「自分の相撲をしっかり取れた感じ。初心を思い出していかないとね。前に出る相撲? そうですね」

 とは、支度部屋でご機嫌の鶴竜。押し相撲を得意とする相手のお株を奪い、怒涛の攻めでつけいる隙を与えなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  7. 7

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  8. 8

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  9. 9

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

  10. 10

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

もっと見る