鶴竜が貴景勝を一蹴 貴乃花親方vs白鵬の“代理戦争”が勃発

公開日: 更新日:

 横綱の、そしてモンゴル人力士の意地をここぞとばかりに見せつけた。

 初日から2連勝と上々の滑り出しを見せている横綱鶴竜(32)。1月場所2日目の15日は新三役の貴景勝(21)と対戦し、文字通り一蹴した。

 175センチと自身より10センチ以上低い相手に対し、鶴竜も低い立ち合いから強烈なぶちかまし。両者の頭が激突するや、鶴竜は顔面を紅潮させ、強烈な突き、押しを繰り出した。猛攻で上体を起こされた貴景勝は苦し紛れのはたきを見せるも、鶴竜は意に介さず。流れのまま、一気に押し出した。

「自分の相撲をしっかり取れた感じ。初心を思い出していかないとね。前に出る相撲? そうですね」

 とは、支度部屋でご機嫌の鶴竜。押し相撲を得意とする相手のお株を奪い、怒涛の攻めでつけいる隙を与えなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  4. 4

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  5. 5

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  8. 7

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

もっと見る