キャッチボール再開の清宮 指故障をケガの功名にできるか

公開日: 更新日:

「やっぱり楽しいです」

 22日、右手親指のケガでリハビリ中の日本ハム清宮幸太郎(18=早実)がキャッチボールを再開。20メートルほどの距離だったが、「指は全然大丈夫。痛みはない。いつでも投げられていた。大事を取っていただけ」と明るい表情で問題ナシを強調、一軍キャンプ参加についても影響を否定した。

 栗山監督によれば、18日のダンベルトレーニング中に手と手をぶつけたという。26日に再検査を行うまで、打撃練習など指に負担がかかる練習を一部制限する方向だったが、早くもキャッチボール解禁となった。

 清宮は一軍キャンプに帯同することもあり、他の新人よりも調整ペースは速かった。レベルの高い一軍の練習についていくため、居残り練習で自らを追い込んでいた。トレーニングの強度を一段階上げようという矢先にアクシデントに見舞われ、大好きな打撃練習は召し上げられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る