マイナーでも米国に固執 消えたイチロー日本球界復帰の目

公開日: 更新日:

 きっかけは16日(日本時間17日)、メジャーリーグの公式ホームページが日本球界復帰の可能性を報じたことだった。

 このオフ、マーリンズからFAになったイチロー(44)に関して、代理人のジョン・ボッグス氏が、メジャー球団からのオファーがないことを前提に日本球界復帰の可能性を示唆。すると、出るわ、出るわ、「オリックスが獲得に名乗り」「中日がオファー」と、せきを切ったように日本のスポーツマスコミが騒ぎだしたのだ。

 イチローは昨年12月に自ら主催する故郷・愛知県豊山町の少年野球大会の閉会式に出席。子供から質問され「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな感じ」と自虐的に話しながら、日本球界復帰について「可能性という言葉を使えば、いろいろなことがある。ゼロではない限り、可能性はあるということになるけど……」と苦笑した。そんな“伏線”もあって日本球界復帰報道が噴出したようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る