巨人新助っ人ゲレーロ 早々の“二軍塩漬け”が囁かれるワケ

公開日:

 巨人のこのオフの目玉補強は、前中日のアレックス・ゲレーロ(31)を獲得したことだ。昨季は35本でセ・リーグの本塁打王。巨人は貧打と長打力不足を補うため、2年総額8億円を用意した。Bクラス4位からの逆襲へ、4番最有力候補として三顧の礼で迎えられる――はずだったが、現場ではこの補強に懐疑的な声も上がっている。チーム関係者が声を潜めてこう言った。

「打撃面で穴が大きいことや問題児で有名な性格的なこと。高橋由伸監督をはじめとしたユニホーム組は『ゲレーロが欲しい』とは言っていなかったようです。完全にフロント主導の補強。打てない、長打力がないということで獲得して『さあ、どうぞ』という感じみたい。同じリーグにいただけに、首脳陣はアラを知っている。言い方は悪いけど、押しつけられたというか……。そうは言っても、球団が8億円も投じているから、開幕当初は使わざるを得ない。まさにジレンマです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る