巨人新助っ人ゲレーロ 早々の“二軍塩漬け”が囁かれるワケ

公開日: 更新日:

 巨人のこのオフの目玉補強は、前中日アレックス・ゲレーロ(31)を獲得したことだ。昨季は35本でセ・リーグの本塁打王。巨人は貧打と長打力不足を補うため、2年総額8億円を用意した。Bクラス4位からの逆襲へ、4番最有力候補として三顧の礼で迎えられる――はずだったが、現場ではこの補強に懐疑的な声も上がっている。チーム関係者が声を潜めてこう言った。

「打撃面で穴が大きいことや問題児で有名な性格的なこと。高橋由伸監督をはじめとしたユニホーム組は『ゲレーロが欲しい』とは言っていなかったようです。完全にフロント主導の補強。打てない、長打力がないということで獲得して『さあ、どうぞ』という感じみたい。同じリーグにいただけに、首脳陣はアラを知っている。言い方は悪いけど、押しつけられたというか……。そうは言っても、球団が8億円も投じているから、開幕当初は使わざるを得ない。まさにジレンマです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る