巨人新助っ人ゲレーロ 早々の“二軍塩漬け”が囁かれるワケ

公開日: 更新日:

 巨人のこのオフの目玉補強は、前中日のアレックス・ゲレーロ(31)を獲得したことだ。昨季は35本でセ・リーグの本塁打王。巨人は貧打と長打力不足を補うため、2年総額8億円を用意した。Bクラス4位からの逆襲へ、4番最有力候補として三顧の礼で迎えられる――はずだったが、現場ではこの補強に懐疑的な声も上がっている。チーム関係者が声を潜めてこう言った。

「打撃面で穴が大きいことや問題児で有名な性格的なこと。高橋由伸監督をはじめとしたユニホーム組は『ゲレーロが欲しい』とは言っていなかったようです。完全にフロント主導の補強。打てない、長打力がないということで獲得して『さあ、どうぞ』という感じみたい。同じリーグにいただけに、首脳陣はアラを知っている。言い方は悪いけど、押しつけられたというか……。そうは言っても、球団が8億円も投じているから、開幕当初は使わざるを得ない。まさにジレンマです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る