巨人新助っ人候補 元米ドラ1右腕ヤングマンの武器と弱点

公開日: 更新日:

 新たな助っ人補強に動いていることが明らかになった由伸巨人。狙っているのが、米ブルワーズからFAになった右腕投手、テーラー・ヤングマン(28)である。「11年の全米ドラフト1巡目指名投手」「メジャーデビュー1年目の15年にいきなり9勝をマーク」と“経歴”は立派で、巨人は先発ローテ入りを期待している。

 果たして使いものになるのか。198センチの長身から繰り出す150キロ超の剛球と落差の大きいパワーカーブが武器との報道もあるが、「それはちょっと大げさですよ」と米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言う。

「直球の球速は平均148キロ程度。剛球と評すには、威力もキレも物足りません。報道の通り、武器はカーブ。昔のドロップのように垂直に落としたり、スライダーに近い感じで曲げたり、いろいろな角度のカーブを使い分けます。メジャーデビュー1年目はこのカーブが冴えて、勝ち星を重ねました。しかし、その後はメジャーでは勝ち星を挙げていない。カーブの曲がり幅が大きく、その軌道が打者に慣れられ、ボール球を見極められると、ピッチングそのものが苦しくなります。軸になる球種が直球、ツーシーム、カーブの3種と少なく、速球系の球にスピードとキレがありませんからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  3. 3

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  4. 4

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  8. 8

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  9. 9

    小室ママは息子と眞子さまの“NY生活に合流”で「教育の成果」を結実させるか

  10. 10

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

もっと見る