吉川と岡本の争いに 巨人若手野手“実質1枠”の殺生な現状

公開日: 更新日:

 巨人の主将・坂本勇人(29)の自主トレに同行していた2年目の吉川尚輝(22)が21日、沖縄から帰京した。

 ドラフト1位で入団した昨季は右肩痛の影響もあり、わずか5試合の出場。それでも20日に発表された春季キャンプのメンバー振り分けで、一軍スタートが決まった。

 周囲の期待度は高い。坂本勇が「ボクより能力は高い」と言えば、阿部も「一番期待している」と先輩たちは口を揃える。50メートル5秒7の俊足、高い身体能力を生かした守備範囲の広さが武器の正二塁手候補。昨季前半、二塁は中井、山本、辻などが守ったが固定できず、後半からは本職ではないマギーが務めた。

 だが、ライバルは他の二塁手ではない。なぜか三塁の岡本和真(21)との対決になりそうだという。こちらもドラフト1位で入団。「大砲候補」といわれながら高卒4年目のシーズンを迎える。昨季は主に左翼だったが、このオフから三塁に復帰。この2人のドラ1、ポジションは違うのに、生き残るのはどちらか1人ともっぱらだ。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る