吉川と岡本の争いに 巨人若手野手“実質1枠”の殺生な現状

公開日:

 巨人の主将・坂本勇人(29)の自主トレに同行していた2年目の吉川尚輝(22)が21日、沖縄から帰京した。

 ドラフト1位で入団した昨季は右肩痛の影響もあり、わずか5試合の出場。それでも20日に発表された春季キャンプのメンバー振り分けで、一軍スタートが決まった。

 周囲の期待度は高い。坂本勇が「ボクより能力は高い」と言えば、阿部も「一番期待している」と先輩たちは口を揃える。50メートル5秒7の俊足、高い身体能力を生かした守備範囲の広さが武器の正二塁手候補。昨季前半、二塁は中井、山本、辻などが守ったが固定できず、後半からは本職ではないマギーが務めた。

 だが、ライバルは他の二塁手ではない。なぜか三塁の岡本和真(21)との対決になりそうだという。こちらもドラフト1位で入団。「大砲候補」といわれながら高卒4年目のシーズンを迎える。昨季は主に左翼だったが、このオフから三塁に復帰。この2人のドラ1、ポジションは違うのに、生き残るのはどちらか1人ともっぱらだ。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る