カブスとも合意せず ダルは交渉難航で条件の“下方修正”も

公開日: 更新日:

 FAの目玉右腕の移籍交渉は大詰めを迎えている。

 ドジャースからFAになっているダルビッシュ有(31)が22日(日本時間23日)、カブスと交渉。複数の米メディアの報道によれば、両者は「積極的な話し合い」を持ったが、その場では合意に至らなかったという。

 2年ぶりの世界一奪回を目指すカブスは左腕レスターに次ぐエース級の補強を目指しており、早くからダル獲得の有力候補とみられてきた。カブスの本気度を如実に示しているのが、ダルと交渉した22日の戦力補強。ダルとレンジャーズ時代に同僚だったクリス・ジメネス(35=前ツインズ)とマイナー契約を結んだことだ。

 ジメネスは14年のシーズン途中、レ軍に加入してダルと12試合バッテリーを組み、防御率3・29と相性抜群だった。ダルが右肘を手術した15年以降はマイナーのリハビリ登板でマスクをかぶったり、練習相手を務めるなど、復帰を後押しした。これまで息の合う捕手が少なかったダルも、ジメネスには絶大な信頼を寄せているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る