カブスとも合意せず ダルは交渉難航で条件の“下方修正”も

公開日: 更新日:

 FAの目玉右腕の移籍交渉は大詰めを迎えている。

 ドジャースからFAになっているダルビッシュ有(31)が22日(日本時間23日)、カブスと交渉。複数の米メディアの報道によれば、両者は「積極的な話し合い」を持ったが、その場では合意に至らなかったという。

 2年ぶりの世界一奪回を目指すカブスは左腕レスターに次ぐエース級の補強を目指しており、早くからダル獲得の有力候補とみられてきた。カブスの本気度を如実に示しているのが、ダルと交渉した22日の戦力補強。ダルとレンジャーズ時代に同僚だったクリス・ジメネス(35=前ツインズ)とマイナー契約を結んだことだ。

 ジメネスは14年のシーズン途中、レ軍に加入してダルと12試合バッテリーを組み、防御率3・29と相性抜群だった。ダルが右肘を手術した15年以降はマイナーのリハビリ登板でマスクをかぶったり、練習相手を務めるなど、復帰を後押しした。これまで息の合う捕手が少なかったダルも、ジメネスには絶大な信頼を寄せているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る