松山フェニックスV3でも縮まらないWR2位ラームとの大差

公開日: 更新日:

【フェニックスオープン】

 アーノルド・パーマー以来、実に55年ぶりの大会3連覇に、「それを目指して頑張りたい」と挑む松山英樹(25)。

 現在の世界ランクは5位で、トップ10でメジャー未勝利は2位J・ラーム(23)、7位R・ファウラー(29)の3人だけだ。

「3人はいつメジャーに勝ってもおかしくない実力を備えている」と米ツアーでも注目を集める。

 そして松山が最も警戒するのがスペイン出身のラームだ。

 昨年暮れの欧州ツアーに優勝し、年が明けて出場した3大会は、2位、優勝、29位と安定した成績を残している。その4試合で世界ランク加算125.95ポイントを稼いだ。ちなみにメジャー優勝は100ポイント。それをはるかに超えているのだ。

 松山は米ツアー5勝、ラームは同2勝と勝ち星では負けていないが、世界ランクでは差をつけられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  8. 7

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

もっと見る