格下海外プロに逆転負け アジア開催日本ツアー“消滅”危機

公開日: 更新日:

【レオパレス21ミャンマーオープン】

 2016年から日本ツアーとアジアンツアーとの共催でシンガポール、ミャンマーの2試合が始まって3年目になる。

 それは日本ツアーに人気選手が不在で、視聴率、ギャラリー数ともジリ貧になり、大会スポンサーが相次いで撤退。試合数が年々減り続けて、帳尻を合わすために東南アジアで営業展開する日本企業マネーを頼りにアジアに活路を求めたからだ。

 だから、会場の至る所に設置された看板は日本企業のものばかりだ。しかし、この3年間の共催6試合で日本人の優勝は一度もない。

「今年こそ日本人に勝ってもらいたい」というスポンサーの願いもむなしく、今大会も2打差3位発進のポール・ピーターソン(29・米国)が66で回り、逆転優勝した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る