格下海外プロに逆転負け アジア開催日本ツアー“消滅”危機

公開日: 更新日:

【レオパレス21ミャンマーオープン】

 2016年から日本ツアーとアジアンツアーとの共催でシンガポール、ミャンマーの2試合が始まって3年目になる。

 それは日本ツアーに人気選手が不在で、視聴率、ギャラリー数ともジリ貧になり、大会スポンサーが相次いで撤退。試合数が年々減り続けて、帳尻を合わすために東南アジアで営業展開する日本企業マネーを頼りにアジアに活路を求めたからだ。

 だから、会場の至る所に設置された看板は日本企業のものばかりだ。しかし、この3年間の共催6試合で日本人の優勝は一度もない。

「今年こそ日本人に勝ってもらいたい」というスポンサーの願いもむなしく、今大会も2打差3位発進のポール・ピーターソン(29・米国)が66で回り、逆転優勝した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

もっと見る