同じブランドを使用も 王者ガルシアと石川遼の決定的な差

公開日: 更新日:

【SMBCシンガポールオープン】

 アジアンツアーとの共催で行われている今大会は、予選2日間を石川遼(26)と昨年のマスターズ覇者、セルヒオ・ガルシア(38)が同組になって注目を集めている。

 ガルシアは昨年、15年間続いたテーラーメイドとの契約を解消し、今季からキャロウェイのクラブ、ボールを使う。くしくも石川と同じブランドで戦っているわけだ。

 先ごろ都内で行われたキャロウェイの新製品発表に登場した石川は新ドライバーを手に「本当に飛ぶ」と大絶賛だった。もっとも同じクラブを手にしても世界ランク10位のガルシアと同227位の石川では飛びも方向も違う。

 能力の違いと言ってしまえばそれまでだが、クラブデザイナーの高橋治氏がこう言う。

「そもそも外国メーカーと日本メーカーではクラブ作りの思考がまったく違います。外国メーカーはパワーがあって飛ぶゴルファーを想定してクラブを作っている。だから初心者にもフレックスSのクラブを使わせて方向性重視です。しかし日本メーカーは飛距離重視。パワーがない日本人向けに、低重心設計でボールを上げて飛ばすことを優先順位に挙げている。身体能力でいえば石川は米ツアートップレベルのパワーはない。外国ブランドはインパクトでボールを潰せるヘッドスピードの速い選手が使ったほうが有利であるのは間違いありません」

 ガルシアの昨季米ツアードライバー飛距離は301.9ヤード(ランク30位)。石川は288.8ヤード(同122位)。石川は日本メーカーに飛ぶドライバーを作ってもらった方がいいんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る