同じブランドを使用も 王者ガルシアと石川遼の決定的な差

公開日: 更新日:

【SMBCシンガポールオープン】

 アジアンツアーとの共催で行われている今大会は、予選2日間を石川遼(26)と昨年のマスターズ覇者、セルヒオ・ガルシア(38)が同組になって注目を集めている。

 ガルシアは昨年、15年間続いたテーラーメイドとの契約を解消し、今季からキャロウェイのクラブ、ボールを使う。くしくも石川と同じブランドで戦っているわけだ。

 先ごろ都内で行われたキャロウェイの新製品発表に登場した石川は新ドライバーを手に「本当に飛ぶ」と大絶賛だった。もっとも同じクラブを手にしても世界ランク10位のガルシアと同227位の石川では飛びも方向も違う。

 能力の違いと言ってしまえばそれまでだが、クラブデザイナーの高橋治氏がこう言う。

「そもそも外国メーカーと日本メーカーではクラブ作りの思考がまったく違います。外国メーカーはパワーがあって飛ぶゴルファーを想定してクラブを作っている。だから初心者にもフレックスSのクラブを使わせて方向性重視です。しかし日本メーカーは飛距離重視。パワーがない日本人向けに、低重心設計でボールを上げて飛ばすことを優先順位に挙げている。身体能力でいえば石川は米ツアートップレベルのパワーはない。外国ブランドはインパクトでボールを潰せるヘッドスピードの速い選手が使ったほうが有利であるのは間違いありません」

 ガルシアの昨季米ツアードライバー飛距離は301.9ヤード(ランク30位)。石川は288.8ヤード(同122位)。石川は日本メーカーに飛ぶドライバーを作ってもらった方がいいんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る