ショット乱れ84位T 松山英樹に囁かれる長距離移動のツケ

公開日:

【ファーマーズインシュランス】

「ショットは話にならないくらい悪い」

 初日イーブンパー84位タイと出遅れた松山英樹(25)だ。今年、自身初の米本土戦になる。

 フェアウエーをキープしたのは6ホール(42.86%=ランク98位)だけで、パーオンは7ホール(38.89%=同154位)。これでは「今日のようなゴルフでは苦しい」と本音が出るのも仕方ない。

 日刊ゲンダイで連載する佐藤信人プロは「フェアウエーキープ率の改善がメジャー優勝のカギとなる」と指摘したが、昨季の58.61%よりもデータが悪い。ただ、「2週間の休みがあったからお疲れなんじゃないか」(ゴルフ記者)という声もある。

「松山はこれまでも度々、隠密に帰国している。ハワイで行われたチャンピオンズに出場してから、米拠点のフロリダに戻らずにいったん帰国して家族サービスをしたと思う。それで日米間の長距離移動から体への負担が大きく、スイングに影響が出ているのかもしれない。試合の中での修正能力が高いので心配はないでしょうが」と言う。

 次戦は3連覇のかかるフェニックス・オープン(2月1日開幕)。それまで慌てずにじっくり調整すれば何の問題もないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る