• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴジラ松井もびっくり 巨人畠が見せたマウンド上での強気

 2年目の畠世周(23)が7日、ゴジラをビビらせた。

 ブルペンでの投球練習中、途中から松井秀喜臨時コーチ(43)がバットを持って打席に入った。戸惑うような表情を見せたが、それも最初だけ。「当ててもいいから、気にしないで」と言う松井の言葉を真に受けたのか、臆せずに胸元へ投げ込み、松井をのけぞらせる場面もあった。

「ストレートに力があるなと感じた。去年後半に活躍したのはニュースで見て知っていた。バットを持った? そっちの方が雰囲気が出るから」と称賛した松井。畠も「光栄です。(松井は)テレビの向こう側の人。今日の課題があるので、気にしないと思ったけど緊張した。内角? 攻めないと打たれる雰囲気があった」と振り返った。

 昨季、夏場から先発ローテ入りして6勝。首脳陣が期待する有望株で、投手としての資質は、チームの重鎮・阿部も認めるものを持っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る