• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青木復帰も複雑…ヤクルト小川監督が漏らした“頭痛の種”

 安打製造機が7年ぶりに戻ってきた。

 メジャーから古巣ヤクルトに復帰した青木宣親(36)が6日、キャンプ地の沖縄で入団会見。かつて身に着けていた背番号「23」のユニホームに袖を通すと、「久しぶりだなあ。入団会見みたい」と笑顔を見せた。

 昨季、球団ワーストの96敗で最下位に沈んだ古巣について「ネットのニュースとかで見ていたけど、ちょっとメンタルやられますよね、あれだけ負けると。マイナスなイメージしか湧かないし、なかなか立ち直れないと思う」と同情。ヤクルトでの8年間では優勝経験がなく、「(日本最終年の)2011年のときに(2位で)優勝を逃している。ボクの中で日本の野球はそこで止まっている。ボク自身が前に進めたら。ヤクルトを優勝させることしか考えていない」と力強かった。

 6年間でメジャー7球団を渡り歩きながら、通算打率.285。順応性の高さと打撃センスは衰えを感じさせず、同席した小川監督は「非常に大きな存在と思っている。技術はもちろん、精神的にも大きな存在」と話した。が、本紙記者がレギュラー当確であろう青木のポジションについて聞くと、途端に苦笑いを浮かべ、頭をかきながらこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る