青木復帰も複雑…ヤクルト小川監督が漏らした“頭痛の種”

公開日: 更新日:

 安打製造機が7年ぶりに戻ってきた。

 メジャーから古巣ヤクルトに復帰した青木宣親(36)が6日、キャンプ地の沖縄で入団会見。かつて身に着けていた背番号「23」のユニホームに袖を通すと、「久しぶりだなあ。入団会見みたい」と笑顔を見せた。

 昨季、球団ワーストの96敗で最下位に沈んだ古巣について「ネットのニュースとかで見ていたけど、ちょっとメンタルやられますよね、あれだけ負けると。マイナスなイメージしか湧かないし、なかなか立ち直れないと思う」と同情。ヤクルトでの8年間では優勝経験がなく、「(日本最終年の)2011年のときに(2位で)優勝を逃している。ボクの中で日本の野球はそこで止まっている。ボク自身が前に進めたら。ヤクルトを優勝させることしか考えていない」と力強かった。

 6年間でメジャー7球団を渡り歩きながら、通算打率.285。順応性の高さと打撃センスは衰えを感じさせず、同席した小川監督は「非常に大きな存在と思っている。技術はもちろん、精神的にも大きな存在」と話した。が、本紙記者がレギュラー当確であろう青木のポジションについて聞くと、途端に苦笑いを浮かべ、頭をかきながらこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る