青木復帰も複雑…ヤクルト小川監督が漏らした“頭痛の種”

公開日:

 安打製造機が7年ぶりに戻ってきた。

 メジャーから古巣ヤクルトに復帰した青木宣親(36)が6日、キャンプ地の沖縄で入団会見。かつて身に着けていた背番号「23」のユニホームに袖を通すと、「久しぶりだなあ。入団会見みたい」と笑顔を見せた。

 昨季、球団ワーストの96敗で最下位に沈んだ古巣について「ネットのニュースとかで見ていたけど、ちょっとメンタルやられますよね、あれだけ負けると。マイナスなイメージしか湧かないし、なかなか立ち直れないと思う」と同情。ヤクルトでの8年間では優勝経験がなく、「(日本最終年の)2011年のときに(2位で)優勝を逃している。ボクの中で日本の野球はそこで止まっている。ボク自身が前に進めたら。ヤクルトを優勝させることしか考えていない」と力強かった。

 6年間でメジャー7球団を渡り歩きながら、通算打率.285。順応性の高さと打撃センスは衰えを感じさせず、同席した小川監督は「非常に大きな存在と思っている。技術はもちろん、精神的にも大きな存在」と話した。が、本紙記者がレギュラー当確であろう青木のポジションについて聞くと、途端に苦笑いを浮かべ、頭をかきながらこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る