チームで孤立気味も…巨人・山口俊はFA野上が“心の支え”

公開日: 更新日:

 宮崎で春季キャンプ中の巨人が12日、2試合目の紅白戦を行い、3番手で山口俊(30)が今季初登板。1イニングを10球、3者凡退で抑えた。

 FA移籍1年目の昨年は、7月に暴行事件を起こし、後半は謹慎。わずか1勝に終わった。

 前日11日に視察した長嶋茂雄終身名誉監督には「去年ああいう問題、事件が起こったし、今年は野球を一生懸命頑張って欲しいということよ」とハッパをかけられたばかり。「期待に応えたい」と背筋を伸ばし、久々の実戦登板で好発進。

 高橋由伸監督が「やっぱりいいなと思った」と目を細めれば、「臨時コーチ」最終日だった松井秀喜も「もともと力のある投手。ケガなく実力を発揮してくれれば、巨人の勝利につながると期待している」とベタ褒めである。

 チームでは事件の影響がまだ残る。九州出身のある球界関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る