• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チームで孤立気味も…巨人・山口俊はFA野上が“心の支え”

「同じ九州人だから心配している。で、この前『おい大丈夫か?』と声をかけた。そうしたら、そのまま素通りされた。聞こえなかったのかもしれないけど、いつもそんな感じ。チーム内でも味方は少ないらしいが、当然という気がしたね」

■同じ九州の同級生

 そんな中、このオフに西武からFA加入した野上亮磨(30)だけは別のようだ。チーム関係者が言う。

「練習中、2人はいつも一緒に行動している。山口俊は大分、野上は福岡出身(高校は鹿児島)と同じ九州の同級生で、高校時代(柳ケ浦と神村学園)に対戦したこともあって旧知の仲。投手でFA入団という共通点が多い。宮崎では食事にも行っていて、大げさに言えば、昼も夜も一緒なことが多く、巨人で一旗揚げよう、と誓い合っているみたい。少なくとも、孤立している山口俊の心の支えになっているのは確かです」

 この日は野上も初登板。こちらは1回2失点デビューとなり、降板後にはブルペンで300球を投げ込んだ。試合前、試合を合わせると1日で約400球を投げた。さらに、孤立無援の同級生の話し相手になっているのだから、野上が入団した意味はありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る