巨人に暗雲…投手陣キーマン畠がギックリ腰で三軍送り

公開日:

 巨人の畠世周(23)が急性腰痛のため、三軍落ちすることが決まった。

 一軍は14日に沖縄・那覇へ移動するが、畠は宮崎に残って三軍に合流することになった。12日の紅白戦に先発し、2回4安打3失点。この日は練習に参加せず、宮崎市内の病院で診察を受けていた。

 緊急事態発生だ。新人だった昨季は右肘手術の影響で出遅れたものの、7月以降は先発ローテに加わり6勝。中日、横浜などで活躍し、巨人にFA入団した経験がある評論家の門倉健氏が言う。

「ボクも巨人にFA移籍した1年目のキャンプで、2月10日前後に急性腰痛、つまりギックリ腰を発症しました。だから畠の気持ちはよく分かります。ボクはオーバーペースが原因で、3月半ばのオープン戦で復帰。ギリギリ開幕に間に合わせた感じでしたね。しばらくは安静。そこから(宮崎の宿舎がある)青島の海岸をウオーキングと、できることは限られます。畠も周囲に期待されてオーバーペースになっていたのではないか。症状の重い軽いはありますが、復帰までは1カ月がメド。早い時期で良かったと思うしかありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る