GMが推進も選手は…巨人に“新データ野球”は浸透するのか

公開日:

 春季キャンプで新しい試みを行っている。今年からデータ解析の専門部署として新設した「データ分析室」に情報を集約するため、スコアラー室と連携して投打の数値を収集しているのだ。

 最大の課題である貧打、得点力不足克服のためのひとつとして、バットのグリップエンドに装着するセンサーによって、バットのスイングスピードや軌道が分かる器具が導入されている。侍ジャパンでスコアラーを務め、ヤクルトから招聘された志田宗大スコアラーがこう説明する。

「ゼップ(Zepp)といって、ヘッドスピード、軌道、それにヘッドがどれくらい遅れてくるかなどが分かります。これで優劣をつけるわけではありませんが、『いい打者はこうなっているよ』といった提示をする形になります」

 これは選手に配布されているタブレット端末で即座に確認できる。メジャーリーガーらの膨大なスイングデータもインプットされているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る