米国で初の一人暮らし 気になる大谷翔平のアリゾナ食生活

公開日:

「寮からメジャーリーグに来る選手はいないと思うので、そういう意味では不安な点もあります」

 大谷翔平(23)はエンゼルスの入団会見でこう言っていた。

 5年間の日本ハム時代は寮暮らし。日常生活に関しては至れり尽くせりだったが、メジャー移籍に伴い、いきなりひとり暮らしを強いられることになったのだ。

 これまでメジャー挑戦した日本人選手の多くは自分で住まいを探し、食事を工面するなど、一定の社会生活を経験した上で渡米している。伴侶がいればともかく、大谷は独身。「不安」なのはある意味、当然だ。本拠地のロサンゼルスにはすでに一軒家を借りているそうで、「家が広すぎて寂しい気持ちが強いかなと思います」とも話している。

■球団あっせんのコンドミニアム

 現在、キャンプが行われているアリゾナではどんな生活を送っているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る