• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米国で初の一人暮らし 気になる大谷翔平のアリゾナ食生活

「寮からメジャーリーグに来る選手はいないと思うので、そういう意味では不安な点もあります」

 大谷翔平(23)はエンゼルスの入団会見でこう言っていた。

 5年間の日本ハム時代は寮暮らし。日常生活に関しては至れり尽くせりだったが、メジャー移籍に伴い、いきなりひとり暮らしを強いられることになったのだ。

 これまでメジャー挑戦した日本人選手の多くは自分で住まいを探し、食事を工面するなど、一定の社会生活を経験した上で渡米している。伴侶がいればともかく、大谷は独身。「不安」なのはある意味、当然だ。本拠地のロサンゼルスにはすでに一軒家を借りているそうで、「家が広すぎて寂しい気持ちが強いかなと思います」とも話している。

■球団あっせんのコンドミニアム

 現在、キャンプが行われているアリゾナではどんな生活を送っているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る