先端くりぬき歯4本に 大谷“バットとスパイク調整”の狙い

公開日:  更新日:

「あまり意識していない。毎日毎日が勝負。いいものを毎日出していって、その延長線でやっていければと思っています」

 キャンプ8日目の21日(日本時間22日)、大谷翔平(23)は、開幕に向けてのイメージをこう語った。

 大谷はメジャーでプレーするにあたり、野球道具に工夫を凝らしているようだ。

 バットについては「33半(33・5インチ)でやってきた」という。「日本でやってきたことをやり続けたい。最初のうちは変えずにやりたい」とも話しており、大幅な変更はない。が、先端はスッポリとくりぬかれている。さる球界OBは、「バットの先端をくりぬけば、抜けが良くなるといわれる。操作性が上がり、スイングスピードも上がる。メジャーの投手は、ツーシームなど手元で鋭く変化する速球を多く投げる。ムービングファストボールに対応するため、より長く、手元までボールを見る意図があるのではないか」と分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る