今度は胃腸炎 ひ弱な日ハム清宮にライバル球団が拍子抜け

公開日:

「清宮来ないの? えー、せっかくフリー打撃を見ようと思ってたのに……もう帰ろうかな」

 あるスコアラーがこう言って苦笑した。

 急性胃腸炎で前日の練習をリタイアした日本ハムの清宮幸太郎(18=早実)。23日は楽天との練習試合に帯同せず、終日、宿舎で休養した。

 これに肩を落としたのがライバル球団だ。パのある球団はスコアラーを3人も派遣する念の入れよう。この日の練習試合には稲葉、小久保の新旧日本代表監督をはじめ、多くの評論家もグラウンドに姿を見せた。

 もちろん、スコアラーや評論家諸氏のすべてが、清宮目当てとは思えないが、そこは1位指名が7球団競合したルーキーだ。守備に難はあっても、高校通算111本塁打の打撃は一定の評価を得ていただけに新戦力にはなり得る。それが見られないとあっては、拍子抜けするのも無理はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る