プロ野球から消えた乱闘劇 荒くれ助っ人「絶滅」のなぜ?

公開日:

 阪神の新大砲・ロサリオは、昨年まで在籍した韓国プロ野球で、2年連続3割、30本塁打、100打点以上をマーク。練習では連日快音を響かせ、実戦でも本塁打を連発。金本監督は先月28日のキャンプ打ち上げの際「4番はロサリオでいくと思う」と明言。「頭のいい打者で、工夫もできるし、パワーもある。ひとつ大きな軸ができた」と褒めて、キャンプのMVPにも指名した。

 ライバル球団はロサリオの打撃には警戒感を強めているが、捕手出身ということで、一塁守備にはやや難がある。そこで、キャンプ中は、高代作戦兼総合コーチにグラウンドや室内練習場でのノックを直訴。チーム内では「とても真面目な選手」と性格面の評価も上々だ。

 2005年にミセリ(4月解雇)とキャプラー(7月契約解除)という2人の不良助っ人や、11年の試合中に無断で引き揚げたライアルらに懲りた巨人も、近年の外国人補強は性格面を重視。背中にぶつけた中日・宮下の顔面に右ストレートを見舞ったクロマティのような荒っぽい選手はまず取らないが、巨人に限らず今は「実績が十分な外国人選手なら性格は問わない」という球団は皆無といえる。だから「プロ野球の華」のひとつといわれる大乱闘劇はめっきり減った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る