プロ野球から消えた乱闘劇 荒くれ助っ人「絶滅」のなぜ?

公開日:

 阪神の新大砲・ロサリオは、昨年まで在籍した韓国プロ野球で、2年連続3割、30本塁打、100打点以上をマーク。練習では連日快音を響かせ、実戦でも本塁打を連発。金本監督は先月28日のキャンプ打ち上げの際「4番はロサリオでいくと思う」と明言。「頭のいい打者で、工夫もできるし、パワーもある。ひとつ大きな軸ができた」と褒めて、キャンプのMVPにも指名した。

 ライバル球団はロサリオの打撃には警戒感を強めているが、捕手出身ということで、一塁守備にはやや難がある。そこで、キャンプ中は、高代作戦兼総合コーチにグラウンドや室内練習場でのノックを直訴。チーム内では「とても真面目な選手」と性格面の評価も上々だ。

 2005年にミセリ(4月解雇)とキャプラー(7月契約解除)という2人の不良助っ人や、11年の試合中に無断で引き揚げたライアルらに懲りた巨人も、近年の外国人補強は性格面を重視。背中にぶつけた中日・宮下の顔面に右ストレートを見舞ったクロマティのような荒っぽい選手はまず取らないが、巨人に限らず今は「実績が十分な外国人選手なら性格は問わない」という球団は皆無といえる。だから「プロ野球の華」のひとつといわれる大乱闘劇はめっきり減った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る