巨人「7回の男」不在で…上原の手も借りたい救援陣の窮状

公開日:  更新日:

 巨人の石井一夫球団社長は2日、カブスからFAとなったまま所属先が決まっていない上原浩治(42)について、「巨人でやる話があるという前提で言えば、春っぽい明るい話。もし実現するならファンの方に喜んでもらえると思う。具体的なオファー? 聞いていないと言っておきましょう」と言及。獲得に前向きな姿勢を見せた。

 本人はあくまでメジャーでのプレーを第一希望として、「マイナーだったらやめます。(復帰も)今のところは考えてない。日本というのは」と語っていたが、2月28日に自身のブログで「日本からの誘いがあれば、そこにいくことを考えています」と前言を撤回し、日本球界復帰を示唆していた。

 巨人時代の上原は、代理人交渉やメジャー挑戦を巡って何度も球団と衝突した。現場や球団内にいまだに強いアレルギーがあるにもかかわらず、獲得に踏み切るというなら、それ以上に救援陣が不安なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る