• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人キャンプ視察の他球団007が「一番厄介」と語った選手

 3月に入り、オープン戦が本格化する。4年ぶりのリーグ優勝が至上命令とされる巨人の春季キャンプを視察した他球団はどう見たか。セ・リーグ某球団のスコアラーに、気になる選手をチェックしてもらった。

「キャンプで主にチェックするのは新戦力。巨人の場合、若手、若手と言っても出られるのはセカンドだけとみている。野手で目立ったのは、正二塁手候補の吉川(尚輝=23)。他球団の脅威になりそうなのは足で、内野安打が増えそう。一線級の投手との対戦はこれからだが、ミート率の高い打撃に要注意マークをつけた。ただ、前評判の高かった二塁の守備は、球際の弱さを露呈した。ポロポロして『やらかし系』という印象。併殺の当たりが併殺にならないと投手陣の信頼は得られない。『打と走』は目立っても守備から崩れる選手かもしれない。その点、内野守備で球際の強さを感じたのは3年目の山本(泰寛=24)です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る