• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不振の阪神4番候補ロサリオ 片岡HCと緊急会談は逆効果

 4番候補の新外国人、ロサリオ内野手(29)が12日の全体練習中、片岡ヘッド兼打撃コーチに呼び止められ、緊急の話し合いを持った。ここまでのオープン戦出場6試合で打率2割、1打点、本塁打なしの“不振”を見かねて意見交換を行ったというのだが、「高卒新人じゃあるまいし、バタバタするほどのことやないやろ」と阪神OBは呆れるのだ。

 メジャー通算71本塁打のロサリオは、2016年から在籍した韓国ハンファでは、2年連続で打率3割、30本塁打、100打点以上をマーク。球団が史上2番目となる年俸3億4000万円の大枚をはたいて迎えた大物である。キャンプ中の実戦計5試合で打率.727、3本塁打、9打点と打ちまくり、金本監督とコーチ陣が「4番は決まった」と欣喜雀躍したのは、つい2週間前のことである。それが、ちょっと当たりが止まると、打撃フォームがどうだ、迷いが生じているのではないかと、右往左往するのだからどうかしている。

 片岡ヘッドは「思い詰めないように」と伝えたそうだが、そんなことをすれば余計に考え込んでしまうもの。「実績があるんだから、どっしり構えて放っておけばいい」というOBの意見はもっともである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る