• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山崎裕之
著者のコラム一覧
山崎裕之野球評論家

1946年12月22日、埼玉県生まれ。上尾高校時代には投手兼遊撃手として、1963年選抜高校野球に出場して注目を集め、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。3年目にレギュラーとなる。69年には打率.301を打ち、翌年は1チーム20ホームラン以上が5人という史上初の驚異打線の一員として大活躍。1979年に西武ライオンズ移籍後も、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得するなど、攻走守すべてにおいて活躍をみせた。引退後は野球解説者、野球評論家として活動している。

ロッテOB提言 ドラ1新人・安田尚憲は「大器ゆえ一軍で」

 ドラフト1位の安田尚憲(大阪・履正社高)が6日の巨人戦でサヨナラヒットを打った。キャンプの紅白戦で見たときはプロの球速に差しこまれていたが、オープン戦では初球から積極的に打っていくなど、大器の片鱗は見せている。

 昨季のチーム95本塁打、479得点はリーグ最少。メジャー通算42本塁打のドミンゲスと、独立リーグ富山でプレーしていたペゲーロを補強した。それでも他の5球団に比べて攻撃陣の層はまだまだ薄い。

 高校通算65本塁打の安田の他に、ドラフト2位で取った藤岡裕大(トヨタ自動車)や、4年目の中村奨吾、3年目の平沢大河ら、有望な若手野手が少なくない。井口監督は1、2年は勝負を度外視し、若い選手を使ってみたらどうか。

 1965年に上尾高から東京オリオンズ(現・千葉ロッテ)に入団した私も、首脳陣が結果に目をつむり1年目から使ってくれた。毎日苦しみながらも、頭と体を使い、名手と呼ばれる選手のプレーを必死に盗んだものだ。

 ロッテは、ソフトバンクや巨人、阪神という常に優勝を狙わなければならないチームではない。大胆な育成ができるはずだ。助っ人頼みではなく、生え抜きの若手が育って優勝を争うチームになるのを見たいのは、OBの私だけではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る