• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山崎裕之
著者のコラム一覧
山崎裕之野球評論家

1946年12月22日、埼玉県生まれ。上尾高校時代には投手兼遊撃手として、1963年選抜高校野球に出場して注目を集め、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。3年目にレギュラーとなる。69年には打率.301を打ち、翌年は1チーム20ホームラン以上が5人という史上初の驚異打線の一員として大活躍。1979年に西武ライオンズ移籍後も、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得するなど、攻走守すべてにおいて活躍をみせた。引退後は野球解説者、野球評論家として活動している。

ロッテOB提言 ドラ1新人・安田尚憲は「大器ゆえ一軍で」

 ドラフト1位の安田尚憲(大阪・履正社高)が6日の巨人戦でサヨナラヒットを打った。キャンプの紅白戦で見たときはプロの球速に差しこまれていたが、オープン戦では初球から積極的に打っていくなど、大器の片鱗は見せている。

 昨季のチーム95本塁打、479得点はリーグ最少。メジャー通算42本塁打のドミンゲスと、独立リーグ富山でプレーしていたペゲーロを補強した。それでも他の5球団に比べて攻撃陣の層はまだまだ薄い。

 高校通算65本塁打の安田の他に、ドラフト2位で取った藤岡裕大(トヨタ自動車)や、4年目の中村奨吾、3年目の平沢大河ら、有望な若手野手が少なくない。井口監督は1、2年は勝負を度外視し、若い選手を使ってみたらどうか。

 1965年に上尾高から東京オリオンズ(現・千葉ロッテ)に入団した私も、首脳陣が結果に目をつむり1年目から使ってくれた。毎日苦しみながらも、頭と体を使い、名手と呼ばれる選手のプレーを必死に盗んだものだ。

 ロッテは、ソフトバンクや巨人、阪神という常に優勝を狙わなければならないチームではない。大胆な育成ができるはずだ。助っ人頼みではなく、生え抜きの若手が育って優勝を争うチームになるのを見たいのは、OBの私だけではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る