山崎裕之
著者のコラム一覧
山崎裕之野球評論家

1946年12月22日、埼玉県生まれ。上尾高校時代には投手兼遊撃手として、1963年選抜高校野球に出場して注目を集め、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。3年目にレギュラーとなる。69年には打率.301を打ち、翌年は1チーム20ホームラン以上が5人という史上初の驚異打線の一員として大活躍。1979年に西武ライオンズ移籍後も、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得するなど、攻走守すべてにおいて活躍をみせた。引退後は野球解説者、野球評論家として活動している。

ロッテOB提言 ドラ1新人・安田尚憲は「大器ゆえ一軍で」

公開日:

 ドラフト1位の安田尚憲(大阪・履正社高)が6日の巨人戦でサヨナラヒットを打った。キャンプの紅白戦で見たときはプロの球速に差しこまれていたが、オープン戦では初球から積極的に打っていくなど、大器の片鱗は見せている。

 昨季のチーム95本塁打、479得点はリーグ最少。メジャー通算42本塁打のドミンゲスと、独立リーグ富山でプレーしていたペゲーロを補強した。それでも他の5球団に比べて攻撃陣の層はまだまだ薄い。

 高校通算65本塁打の安田の他に、ドラフト2位で取った藤岡裕大(トヨタ自動車)や、4年目の中村奨吾、3年目の平沢大河ら、有望な若手野手が少なくない。井口監督は1、2年は勝負を度外視し、若い選手を使ってみたらどうか。

 1965年に上尾高から東京オリオンズ(現・千葉ロッテ)に入団した私も、首脳陣が結果に目をつむり1年目から使ってくれた。毎日苦しみながらも、頭と体を使い、名手と呼ばれる選手のプレーを必死に盗んだものだ。

 ロッテは、ソフトバンクや巨人、阪神という常に優勝を狙わなければならないチームではない。大胆な育成ができるはずだ。助っ人頼みではなく、生え抜きの若手が育って優勝を争うチームになるのを見たいのは、OBの私だけではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る