押し相撲一辺倒 錦木は名門・伊勢ノ海部屋で鍛えられた

公開日:
錦木(C)共同通信社

27歳・伊勢ノ海部屋・前頭14枚目

 一見、「本名か」と思われがちだが、錦木とは伊勢ノ海部屋に代々伝わる、由緒あるしこ名。初代錦木を名乗ったのは江戸時代に雷電為右エ門らとしのぎを削り、後に二所ノ関部屋の開祖となった錦木塚右エ門だ。

 あるタニマチ筋が言う。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る