• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DHで大不振…大谷翔平と主砲プホルスの関係悪化を危ぶむ声

「誰もそれについて話してくれない。全体的なプランが分かっていない」

 メジャーを代表する強打者、エンゼルスのプホルス(38)が、米全国紙の「USAトゥデー」にこう語ったのは、3月上旬のことだった。

 大谷翔平(23)がメジャーでも投手と指名打者の二刀流を継続するためには、指名打者であるプホルスがかつての本職である一塁に回る必要がある。だが、プホルスは首脳陣から、自身の明確な起用方針を3月上旬時点で知らされていなかったようだ。

 それでもこの強打者は、「オレの仕事はユニホームを着てプレーすること」と話し、一塁守備についても前向きに捉えている。今季は通算3000安打まであと32本、2000打点まで82打点に迫っており、これが一番のモチベーションになっているのだ。

 しかし、肝心の打者大谷の調子が一向に上がってこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る