• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DHで大不振…大谷翔平と主砲プホルスの関係悪化を危ぶむ声

「誰もそれについて話してくれない。全体的なプランが分かっていない」

 メジャーを代表する強打者、エンゼルスのプホルス(38)が、米全国紙の「USAトゥデー」にこう語ったのは、3月上旬のことだった。

 大谷翔平(23)がメジャーでも投手と指名打者の二刀流を継続するためには、指名打者であるプホルスがかつての本職である一塁に回る必要がある。だが、プホルスは首脳陣から、自身の明確な起用方針を3月上旬時点で知らされていなかったようだ。

 それでもこの強打者は、「オレの仕事はユニホームを着てプレーすること」と話し、一塁守備についても前向きに捉えている。今季は通算3000安打まであと32本、2000打点まで82打点に迫っており、これが一番のモチベーションになっているのだ。

 しかし、肝心の打者大谷の調子が一向に上がってこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る