チーム再合流は延期も 日ハム清宮“小休止”はむしろプラス

公開日: 更新日:

 15日、限局性腹膜炎で緊急入院していた清宮幸太郎(18=早実)が都内の病院を退院した。この日の診断では症状と検査の数値は良化しているそうだが、16日からは一時帰宅し通院による治療を行うため、今週末に予定されていたチームへの再合流は延期となった。

 そんな清宮の周辺では、こんな声がある。

「最近は表情にも疲れが出ていた。大型新人とはいっても、まだ18歳の高校生。病気になっていなかったとしても、プロの環境に慣れる過程で心身はすり減っていたのでしょう」

 プロのレベルに対応するのはもちろん、寮生活を送ったことがない清宮にとって、一人暮らしも人生初。少年野球時代に海外遠征の経験はあったが、キャンプではアメリカと沖縄で長期のホテル暮らしが続き、しばらく札幌に滞在してからはオープン戦で関西、関東を転々とした。先輩選手ばかりの集団生活にも気遣いがあっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る