チーム再合流は延期も 日ハム清宮“小休止”はむしろプラス

公開日:

 15日、限局性腹膜炎で緊急入院していた清宮幸太郎(18=早実)が都内の病院を退院した。この日の診断では症状と検査の数値は良化しているそうだが、16日からは一時帰宅し通院による治療を行うため、今週末に予定されていたチームへの再合流は延期となった。

 そんな清宮の周辺では、こんな声がある。

「最近は表情にも疲れが出ていた。大型新人とはいっても、まだ18歳の高校生。病気になっていなかったとしても、プロの環境に慣れる過程で心身はすり減っていたのでしょう」

 プロのレベルに対応するのはもちろん、寮生活を送ったことがない清宮にとって、一人暮らしも人生初。少年野球時代に海外遠征の経験はあったが、キャンプではアメリカと沖縄で長期のホテル暮らしが続き、しばらく札幌に滞在してからはオープン戦で関西、関東を転々とした。先輩選手ばかりの集団生活にも気遣いがあっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る