5打点で大爆発の巨人岡本 レギュラー奪取への“本当の敵”

公開日:

 巨人の岡本和真(21)が大爆発した。

「7番・一塁」で先発出場した18日のロッテ戦で、4打数2安打1本塁打5打点。チームの全得点をひとりで叩き出し、「一日一日、アピールしないと」と力強かった。

「シーズン中であれば、チームを救うスイング」

 中でも高橋由伸監督を喜ばせたのは、最終回の逆転打だ。1点ビハインドの九回2死満塁でファーストストライクの直球を強振し、中越えの3点適時二塁打。五回には左翼席へ4号同点2ランを叩き込んだ。

 ここまでのオープン戦13試合で打率.298、13打点。14安打のうち8本が長打と持ち味を発揮している。一軍定着どころか、レギュラー奪取を狙うが、ポジション争いの相手は三塁でマギー、一塁で阿部と強大だ。

「マギーはオープン戦で打率.200、阿部は.048と、共にエンジンがかかっていない。とはいえ、マギーは昨年のチーム打撃3冠。由伸監督が最も信頼を寄せる打者だけに、調子が上がってこなくともレギュラーは外さない。岡本は阿部との争いになるわけですが、阿部にしてもオープン戦の成績でうんぬんするようなレベルの選手じゃない。昨年もオープン戦で打率1割台ながら、開幕6試合で4本塁打と爆発した。実績、経験で群を抜く阿部を控えに追いやるとすれば、由伸監督にも相当な覚悟が必要。岡本が万事に慎重な由伸監督に英断を下させるには、開幕直前まで今の打棒をキープする必要がある」(チーム関係者)

 本当の勝負はこれからである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る