• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5打点で大爆発の巨人岡本 レギュラー奪取への“本当の敵”

 巨人の岡本和真(21)が大爆発した。

「7番・一塁」で先発出場した18日のロッテ戦で、4打数2安打1本塁打5打点。チームの全得点をひとりで叩き出し、「一日一日、アピールしないと」と力強かった。

「シーズン中であれば、チームを救うスイング」

 中でも高橋由伸監督を喜ばせたのは、最終回の逆転打だ。1点ビハインドの九回2死満塁でファーストストライクの直球を強振し、中越えの3点適時二塁打。五回には左翼席へ4号同点2ランを叩き込んだ。

 ここまでのオープン戦13試合で打率.298、13打点。14安打のうち8本が長打と持ち味を発揮している。一軍定着どころか、レギュラー奪取を狙うが、ポジション争いの相手は三塁でマギー、一塁で阿部と強大だ。

「マギーはオープン戦で打率.200、阿部は.048と、共にエンジンがかかっていない。とはいえ、マギーは昨年のチーム打撃3冠。由伸監督が最も信頼を寄せる打者だけに、調子が上がってこなくともレギュラーは外さない。岡本は阿部との争いになるわけですが、阿部にしてもオープン戦の成績でうんぬんするようなレベルの選手じゃない。昨年もオープン戦で打率1割台ながら、開幕6試合で4本塁打と爆発した。実績、経験で群を抜く阿部を控えに追いやるとすれば、由伸監督にも相当な覚悟が必要。岡本が万事に慎重な由伸監督に英断を下させるには、開幕直前まで今の打棒をキープする必要がある」(チーム関係者)

 本当の勝負はこれからである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る