5打点で大爆発の巨人岡本 レギュラー奪取への“本当の敵”

公開日:

 巨人の岡本和真(21)が大爆発した。

「7番・一塁」で先発出場した18日のロッテ戦で、4打数2安打1本塁打5打点。チームの全得点をひとりで叩き出し、「一日一日、アピールしないと」と力強かった。

「シーズン中であれば、チームを救うスイング」

 中でも高橋由伸監督を喜ばせたのは、最終回の逆転打だ。1点ビハインドの九回2死満塁でファーストストライクの直球を強振し、中越えの3点適時二塁打。五回には左翼席へ4号同点2ランを叩き込んだ。

 ここまでのオープン戦13試合で打率.298、13打点。14安打のうち8本が長打と持ち味を発揮している。一軍定着どころか、レギュラー奪取を狙うが、ポジション争いの相手は三塁でマギー、一塁で阿部と強大だ。

「マギーはオープン戦で打率.200、阿部は.048と、共にエンジンがかかっていない。とはいえ、マギーは昨年のチーム打撃3冠。由伸監督が最も信頼を寄せる打者だけに、調子が上がってこなくともレギュラーは外さない。岡本は阿部との争いになるわけですが、阿部にしてもオープン戦の成績でうんぬんするようなレベルの選手じゃない。昨年もオープン戦で打率1割台ながら、開幕6試合で4本塁打と爆発した。実績、経験で群を抜く阿部を控えに追いやるとすれば、由伸監督にも相当な覚悟が必要。岡本が万事に慎重な由伸監督に英断を下させるには、開幕直前まで今の打棒をキープする必要がある」(チーム関係者)

 本当の勝負はこれからである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る