清宮体重5kg減でも日ハム栗山監督が開幕一軍こだわるワケ

公開日:

「二軍落ちさせるべき」

 限局性腹膜炎で入院し、体重を5キロ減らした清宮幸太郎(18=写真)について、こんな声がかまびすしい。

 たしかに二軍落ちしてもおかしくない状況だが、栗山監督は体調回復を最優先する一方、開幕一軍の希望を捨てていない。

 親指のケガで打撃練習ができないにもかかわらず、米アリゾナの一軍キャンプに帯同。メジャーの充実した練習施設が個別での守備走塁の特訓などを可能にした。栗山監督は故障を抱える中でも「こういう時間に何ができるのか、それがプロ野球選手にとって大事」と言い、先日は「何が起こるかわからないのがファイターズらしくていい。いきなり開幕スタメンに名を連ねたら楽しいだろ。大谷翔平みたいに」と話している。

 また、吉村GMは米キャンプ中、こんな話をしていた。今季からエンゼルスに移籍した大谷を昨年、右足にケガを抱えながら一軍キャンプに帯同させたこと、7月のオリックス戦でケガが完治していない段階で先発させたこと(二回途中4失点で降板)についてだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る