清宮体重5kg減でも日ハム栗山監督が開幕一軍こだわるワケ

公開日:

「二軍落ちさせるべき」

 限局性腹膜炎で入院し、体重を5キロ減らした清宮幸太郎(18=写真)について、こんな声がかまびすしい。

 たしかに二軍落ちしてもおかしくない状況だが、栗山監督は体調回復を最優先する一方、開幕一軍の希望を捨てていない。

 親指のケガで打撃練習ができないにもかかわらず、米アリゾナの一軍キャンプに帯同。メジャーの充実した練習施設が個別での守備走塁の特訓などを可能にした。栗山監督は故障を抱える中でも「こういう時間に何ができるのか、それがプロ野球選手にとって大事」と言い、先日は「何が起こるかわからないのがファイターズらしくていい。いきなり開幕スタメンに名を連ねたら楽しいだろ。大谷翔平みたいに」と話している。

 また、吉村GMは米キャンプ中、こんな話をしていた。今季からエンゼルスに移籍した大谷を昨年、右足にケガを抱えながら一軍キャンプに帯同させたこと、7月のオリックス戦でケガが完治していない段階で先発させたこと(二回途中4失点で降板)についてだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る