「一兵卒」宣言も信用されず 貴乃花親方“死んだふり”作戦

公開日: 更新日:

「すべてをゼロにして、一兵卒として出直します」

 23日、貴乃花親方(45)が事実上の「全面降伏」。日刊ゲンダイが既報の通り、内閣府に提出した告発状も取り下げる方針で、「弁護士と協議する」と話した。

 昨年の日馬富士暴行事件以降、貴乃花親方は正面切って、相撲協会にケンカを売っていた。それが弟子の貴公俊の付け人暴行で、すべて水の泡だ。

 しかし、ある親方は「“改心”なんて信用できませんよ。貴乃花親方の野望はあくまで理事長のイス」と、こう続ける。

「だからこそ、ここでクビになるわけにはいかないのです。春場所当初は無断欠勤が続き、親方衆の間から『年寄総会で解任動議が出るのも時間の問題』という声すら出ていた。そこに貴公俊の暴力事件が起こったことがトドメになった。ここでなおも協会との対立路線を続けようものなら、本当にクビになりかねない。今回、白旗を揚げたのもポーズ。今後を見据えて当面はおとなしくしているでしょうが、理事へ返り咲き、やがて理事長の座を狙って動きだすのは時間の問題でしょう」

 協会改革、暴力根絶を本気で貫くつもりなら、クビを恐れることも、告発状を取り下げる必要もない。結局、貴乃花親方にあるのは私利私欲なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る