「一兵卒」宣言も信用されず 貴乃花親方“死んだふり”作戦

公開日:

「すべてをゼロにして、一兵卒として出直します」

 23日、貴乃花親方(45)が事実上の「全面降伏」。日刊ゲンダイが既報の通り、内閣府に提出した告発状も取り下げる方針で、「弁護士と協議する」と話した。

 昨年の日馬富士暴行事件以降、貴乃花親方は正面切って、相撲協会にケンカを売っていた。それが弟子の貴公俊の付け人暴行で、すべて水の泡だ。

 しかし、ある親方は「“改心”なんて信用できませんよ。貴乃花親方の野望はあくまで理事長のイス」と、こう続ける。

「だからこそ、ここでクビになるわけにはいかないのです。春場所当初は無断欠勤が続き、親方衆の間から『年寄総会で解任動議が出るのも時間の問題』という声すら出ていた。そこに貴公俊の暴力事件が起こったことがトドメになった。ここでなおも協会との対立路線を続けようものなら、本当にクビになりかねない。今回、白旗を揚げたのもポーズ。今後を見据えて当面はおとなしくしているでしょうが、理事へ返り咲き、やがて理事長の座を狙って動きだすのは時間の問題でしょう」

 協会改革、暴力根絶を本気で貫くつもりなら、クビを恐れることも、告発状を取り下げる必要もない。結局、貴乃花親方にあるのは私利私欲なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る