平身低頭に態度豹変も…貴乃花親方が消せないウソと矛盾

公開日:

 貴公俊の付け人殴打事件以降、メディアへの対応や協会内での仕事ぶりが豹変した貴乃花親方(45)。ある親方によれば「平身低頭といった感じ」だそうだ。しかし、だからといって自身の行いがすべて水に流れるわけではない。

 貴乃花親方は3月場所初日を無断欠勤。翌日からも、「貴ノ岩の容体が予断を許さないため、常に医師と連絡を取り合う必要がある」という理由で、欠勤や早退を繰り返していた。それが弟子の事件が発覚するや、役員室に常駐するようになったのだから、いったい、貴ノ岩の容体うんぬんは何だったのか。これでは「弟子をダシにしてズル休みをしていた」と、自ら白状したようなものだ。

 暴行事件の「加害者」をめぐる扱いでは、ダブルスタンダードが明らかになった。昨年の秋巡業で貴ノ岩が日馬富士に殴られた際は、すぐさま鳥取県警に被害届を提出。協会に事前連絡がなかったことをとがめられるも、公平な裁きが必要と執拗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る