平身低頭に態度豹変も…貴乃花親方が消せないウソと矛盾

公開日:

 貴公俊の付け人殴打事件以降、メディアへの対応や協会内での仕事ぶりが豹変した貴乃花親方(45)。ある親方によれば「平身低頭といった感じ」だそうだ。しかし、だからといって自身の行いがすべて水に流れるわけではない。

 貴乃花親方は3月場所初日を無断欠勤。翌日からも、「貴ノ岩の容体が予断を許さないため、常に医師と連絡を取り合う必要がある」という理由で、欠勤や早退を繰り返していた。それが弟子の事件が発覚するや、役員室に常駐するようになったのだから、いったい、貴ノ岩の容体うんぬんは何だったのか。これでは「弟子をダシにしてズル休みをしていた」と、自ら白状したようなものだ。

 暴行事件の「加害者」をめぐる扱いでは、ダブルスタンダードが明らかになった。昨年の秋巡業で貴ノ岩が日馬富士に殴られた際は、すぐさま鳥取県警に被害届を提出。協会に事前連絡がなかったことをとがめられるも、公平な裁きが必要と執拗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る