地位確認訴訟で発覚 相撲協会“裏金顧問”に新たな重大疑惑

公開日:

 27日に大阪で行われた相撲協会の力士会に、貴乃花部屋に所属する力士が全員欠席した。「所用」とのことだが、この部屋は師匠からして理事時代に公式行事をすっぽかすなど、“ばっくれ癖”がある。親方衆も「またあの部屋か」と呆れ顔だ。

 同じ日、東京は霞が関でも、貴乃花一派が話題の中心となった。貴乃花親方と親しいといわれている、「裏金顧問」こと小林慶彦氏(62)が2016年1月の解雇は不当だとして相撲協会を相手に起こした訴訟がそれだ。

 この日は原告の小林氏、被告本人として八角理事長(元横綱北勝海)、尾車事業部長(元大関琴風)を証人とした口頭弁論が東京地裁で行われた。

 4時間にも及ぶ尋問では、新たな裏金問題も発覚した。国技館の改修工事にあたって、当時、協会の危機管理委員会顧問だった小林氏が代表を務める「エーティーアンドシージャパン」(以下AT&C)に「中電工」から8000万円もの大金が振り込まれたという疑惑だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る