• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大台選手倍増も DeNA“暖冬”更改のシワ寄せに泣く社員たち

「来年も頑張るモチベーションになった」

 25日、契約更改に臨んだDeNAの山崎康晃(25)が笑顔を見せた。今季リーグ最多タイの68試合に登板。7000万円アップの1億5000万円でサインした。

 これでDeNA全選手の契約交渉が終了。“超暖冬”更改となった。3位からのCS突破と日本シリーズ進出が評価された形だが、フロント幹部の脳裏にはアノ不名誉な数字が焼き付いている。

 DeNAのチーム年俸は今季まで5年連続で12球団最下位(15億8622万円=日本人選手のみ)。選手会のアンケートでは契約更改に関する満足度も最下位だったことが週刊誌に暴露されたのが影響したのか、今オフは大盤振る舞いで、1億円超の大台突破も2人から4人に増えた。

 計算すると、来季の日本人選手総年俸は20億9905万円。前回の15億8622万円と比べて5億円以上も「昇給」した。久保康友ら今オフ退団した選手の年俸を引いても2億円以上のベースアップ。「最下位」脱出は確実となった。その一方で、ある球団関係者はこう漏らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る