“左腕王国”と化すDeNA 「偏りすぎ」の声に投手コーチ反論

公開日:  更新日:

 昨秋のドラフトでDeNAが大学ナンバーワン左腕の東克樹(22=立命館大)を1位で一本釣りした際、「左が有利といっても、いくらなんでも集めすぎ。逆にアンバランスだよ」と他球団からはそんな声が上がった。

 2015年の今永、16年の浜口に続く3年連続の左腕1位指名。14年も同2位で石田を獲得しており、昨年はこの3人がすべて先発ローテーション入りした。今キャンプで早くも高い評価を受けている東がここに加われば、文字通りの「左腕王国」。ちなみに左腕4人が2ケタ勝利を挙げれば、球界史上初の快挙ということになる。それだけ異例といえば異例の構成で、先発ローテの6人で右腕がウィーランド、井納の2人だけということになれば、確かに「偏りすぎ」という見方もできる。

 が、木塚投手コーチはこう言った。

「(15年に)スカウトをやったから分かるけど、これだけ実力のある左腕を揃えるのは簡単じゃない。いい左がいたら取れというのは定説。今は(各球団に)左の強打者も多くなった。そこを抑えるためには、左がたくさんいても多すぎるということはない。3年後くらいに(左腕4人が)熟したときに大きな意味をなしてくると思う。今はそのための土台をつくっていかないといけない段階です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る