育成重視の“公約”未達成 阪神・大山は金本監督を救えるか

公開日: 更新日:

 オープン戦の貧打(.225)が嘘のような猛打を見せて快勝した阪神。球界を代表する菅野から12安打を放ち、5点を奪ってKO。最高の滑り出しとなった。

 就任3年目を迎えた金本監督にとって、勝利と同等にうれしかったのは大山悠輔(23)の活躍ではなかったか。

 監督就任当初は育成重視の方針を掲げ、実際多くの若手にチャンスを与えてきたが、北條、原口、江越といった、いわゆる「金本チルドレン」は、一時は戦力になったものの、レギュラーを勝ち取れなかった。昨季チーム最多の20本塁打で「開花」の兆しが見えた中谷でさえ、オープン戦終盤に打撃不振で二軍落ち。開幕スタメン出場の3年目高山、2年目糸原にしても、レギュラーに固定できるまでの信頼は得ていない。

 育成、育成といっても、野手で大きく伸びた選手はほとんどいないのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る