育成重視の“公約”未達成 阪神・大山は金本監督を救えるか

公開日:  更新日:

 オープン戦の貧打(.225)が嘘のような猛打を見せて快勝した阪神。球界を代表する菅野から12安打を放ち、5点を奪ってKO。最高の滑り出しとなった。

 就任3年目を迎えた金本監督にとって、勝利と同等にうれしかったのは大山悠輔(23)の活躍ではなかったか。

 監督就任当初は育成重視の方針を掲げ、実際多くの若手にチャンスを与えてきたが、北條、原口、江越といった、いわゆる「金本チルドレン」は、一時は戦力になったものの、レギュラーを勝ち取れなかった。昨季チーム最多の20本塁打で「開花」の兆しが見えた中谷でさえ、オープン戦終盤に打撃不振で二軍落ち。開幕スタメン出場の3年目高山、2年目糸原にしても、レギュラーに固定できるまでの信頼は得ていない。

 育成、育成といっても、野手で大きく伸びた選手はほとんどいないのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る