育成重視の“公約”未達成 阪神・大山は金本監督を救えるか

公開日: 更新日:

 オープン戦の貧打(.225)が嘘のような猛打を見せて快勝した阪神。球界を代表する菅野から12安打を放ち、5点を奪ってKO。最高の滑り出しとなった。

 就任3年目を迎えた金本監督にとって、勝利と同等にうれしかったのは大山悠輔(23)の活躍ではなかったか。

 監督就任当初は育成重視の方針を掲げ、実際多くの若手にチャンスを与えてきたが、北條、原口、江越といった、いわゆる「金本チルドレン」は、一時は戦力になったものの、レギュラーを勝ち取れなかった。昨季チーム最多の20本塁打で「開花」の兆しが見えた中谷でさえ、オープン戦終盤に打撃不振で二軍落ち。開幕スタメン出場の3年目高山、2年目糸原にしても、レギュラーに固定できるまでの信頼は得ていない。

 育成、育成といっても、野手で大きく伸びた選手はほとんどいないのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る