元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

宇佐美貴史<上>1対1で相手に勝つために肉体改造を徹底

公開日: 更新日:

「ゼロの状態からロシアへの可能性を少し広げることができた」。3月27日のウクライナ戦後、今季からデュッセルドルフでプレーするFW宇佐美貴史(25)は、こう前向きに語った。2~3月のドイツ2部リーグでの4戦連続ゴールが認められ、昨年3月のタイ戦以来、日本代表に復帰。マリ(3月23日)、ウクライナとの欧州遠征2連戦に連続出場して手応えを得たという。帯同中に待望の第2子も誕生。ロシアW杯の逆転メンバー入りを狙う宇佐美を現地で直撃した。

 ◇  ◇  ◇

 マリ戦の宇佐美は、左FWで先発して70分間プレー。序盤からヘントFW久保裕也の決定機をお膳立てし、得意のドリブル突破からシュートを打ちにいくなど積極性を押し出した。ウクライナ戦は、残り3分になって登場。ポルティモネンセFW中島翔哉との連係からゴールのにおいを漂わせたが、勝利を手繰り寄せることはできなかった。「僕ら攻撃陣は、個の打開力を高めないといけない。そこに尽きると思います。ウクライナ戦の2失点目は、相手左サイドの(ドイツ1部)シャルケのFWが(日本選手)2人をちぎってチャンスを決めた。個で相手をはがすことの重要性を改めて感じました」と宇佐美は神妙な面持ちで言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る